旅は徒然 epi 0

02/04/2016

行きたいところがあった。
ライダーハウス”ヤドカリの家”である。

聞くところによると日本のライダーハウス発祥の地であるとの事。
きっと愉快な旅人に出会えるに違いない。

 

思えば今まで北海道の地に降り立った その時から手羽先さんのサポートを受けていた私。

1人で走るには北海道の道はただただ大きかった。

世界の果てまでもしかすると一生このままなのかもしれない。

そんな妄想に取り付かれながらもひたすら西へ。

 

2人でゴエモン風呂を沸かした思い出などに浸りな...

02/04/2016

2013年8月20日
当初の予定では北海道の東の果てを目指していたが
大阪でのライブに間に合わないと判断した私は厚岸を目的地点にした。

そこで牡蠣を貪り喰って手羽先さんと別れる予定を組んだ。
釧路から厚岸への道中、旅の目的の一つであった牛の放牧に出くわした。

 

 

 

 

 

過去の旅を振り返るシリーズ"旅は徒然"も第10回に突入。http://kawamini.blogspot.jp/search/label/%E6%97%85%E3%81%A...

02/04/2016

 

@帯広 なんか有名なお菓子の本店で賞味期限が三十分のスイーツを頼みドキドキしていると、コーヒーおかわり自由ですよ♪と給仕のお姉さんに良い事を教えてもらい、二人して"文明開化っすよ!文明開化!"と謎の盛り上がり方をするも、周りは見渡す限りマドモアゼルだったので、スマホ片手に文明人を気取り体裁を繕う手羽先さんとそれを自撮りする僕。昨晩五右衛門風呂をキンチョーファイアーしていたせいか、相当墨臭い男二人はかなり浮いていた。

 

 

 

疲れた頭には糖分...

01/06/2016

 

 

キンチョーファイアーで五右衛門風呂を沸かすホットな手羽先さん @確実に富良野。(北の国からの名シーンを再現しようと何度も試みたがちゃんと見たことないから、上手くいかない末の五右衛門風呂だったので、ここが富良野だった事をよく覚えている。) 五右衛門風呂はこちら。という看板に導かれ、軽い気持ちで入っちゃった事を後悔した。

 

 

小樽を出発し東の果てを目指した手羽先さんと私。

僕らの前に現れた標識には、あの"北の国から"で有名な地名が書かれて...

10/21/2015

二年前に原付で北海道を横断した時、旅と旅行の違いは椅子を持ち運んでいるかどうか。と訳の分からない事を力説する手羽先さん。よく見るとションベン小僧みたいになってる。この後僕は山頂でガス欠します。@夕張かもしれない。 昔の旅行の写真整理してましたら 、かっこいい手羽先さんの写真ばかりで実にファニーだったので、UPしてみよう…誰が得するのか分からないけど過去形なので白黒シリーズ

 

 

2013年8月17日 フェリーで小樽に降り立った私。日本縦断中の...

10/03/2015

 

カブとコーヒーとテーブルと私。ここまでにした事。第一回休憩コンビニにてメガネ落とす。川で遊ぶ。二年前この時期。机の上に置いてあるカバン、無意味に断捨離した奴。

 

 

川上拓也さん(@kawamini)が投稿した写真 - 2015 8月 16 1:51午前 PDT

 

 

 

 

 

2013年8月16日 終戦の翌日、北の大地へ出発。

 

写真は舞鶴への道中で出会ったカフェ

 

舞鶴経由しフェリーで小樽へ(24時間)

 

全日本原チャリ走行の終盤に差し掛かっていたG...

05/14/2015

 前回。ビクトリーロード(名阪国道)を横目に脇道に入っていったワタクシ。
果たして無事に名古屋までたどり着けたのでしょうか。

名阪国道は125cc以下通行禁止と表記されていたので素直にそれに従い脇道に入った。どうやらここは国道25号線というらしい。国道だったら安心よね。これって天王寺辺りから伸びてる奴なんかな〜むしろ八尾とかまわらずに、天王寺まで一旦出てから25号線通ってきたらよかったんかいな〜もうちょっと地図を見るべきだったね〜ふんふ...

05/14/2015

 

 

琵琶湖のほとりに停めたカブを写真に撮った。

原付免許取り立ての頃のワタクシ。
時速30kmだろうと、ただただ走り続けていたくて。
時速30kmだろうと、どこまでも行けるような気がして。
この先琵琶湖という表示があったから素直にそれに従った。

カブを手に入れた直後、名古屋でライブがあった。
それまでは電車or大阪組の車に同乗という形を取っていた。
前後日の予定がフリーだったのでカブで行くことにした。
いつも車で名古屋行くとき3時間く...

05/11/2015

 

前回特大ヘルメットを見つけカブを購入するに至る経緯まで書いた。(epi 2 Araiの逆襲)何故自分がカブに乗ったのかという心象描写が全くなかった事に気付いたが、この辺りはまた回を改めて書くとして、まずは自分がカブを使って何をしていたかシンボリックな写真があったので、その辺りから書いていこうと思う。

 

カブを手に入れ生まれて初めて自分で動かすエンジンのついた乗り物を動かした。その便利さと快活さに歓喜し人類の叡智に恐れおののいた。自分が好き...

05/11/2015

この頃は2Pのボンバーマンと呼ばれていた。 

 

2Pのボンバーマンが何を示すのかどれくらいの人に伝わるのだろうかという疑問が一瞬頭をよぎったが気にしない事にする。

ちなみにこれは黒のヘルメットで全身ユニクロである。

ちなみにちなみにもうこのカブは手元にない…

 

閑話休題

 

前回ヘルメットとニッシーの話を書くと言いながら帽子の話を延々と書いたが、

今日は本題に入りたいと思う。

 

FFBBリーダーニッシーが帰国後唐突にヘルメットを探す提案をしてくれた。

 

環...

Please reload

Recent Posts

February 4, 2016

Please reload